連携保育所についてはこちらをご覧ください

妊娠・授乳中にインフルエンザワクチンは打っていいの?

※この記事では、妊娠・授乳中のインフルエンザワクチン接種による胎児・乳児への影響についてをお伝えします。

妊娠・授乳中にインフルエンザワクチンを打ってもいいの?

結論を言うと、妊娠中・授乳中でもインフルエンザワクチンは接種できます

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンの一種で、病原体を不活化したものなので、生ワクチンのように病原体は生きてはいません。
(※記事の最後にワクチンについて記載していますので、参考になさってください。)

生ワクチンは胎児感染の可能性があり妊娠中原則禁忌ですが、不活化ワクチンは接種可能です。
妊娠中は感染症に対する免疫力が低下することが一般的に言われていて、一度感染すると重症化しやすいという報告があります。
妊娠中のインフルエンザワクチン接種は、インフルエンザ感染の予防に有効です。
また、全妊娠期間を通して、母体・胎児に対する危険性は低いと言えます。

「インフルエンザワクチンの中には水銀が入っていると聞きました。」

妊婦さんによく聞かれる質問です。
防腐剤としてエチル水銀という物質が入っているワクチンもありますが、ごく少量のため胎児に影響はありません。
心配な方は、エチル水銀の含まれないワクチンを取り扱っている病院で接種していただくと良いと思います。

インフルエンザワクチンはいつ打ったらいいの?

接種してから2週間ほどすると効果が出現し、約5ヶ月間持続すると言われています。
例年、11月ごろより感染者が確認され始めて、1月−2月に最大の流行を迎えますので、
(今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で世界中が感染対策を行っているためにどのような動向となるかはわかりませんが)
インフルエンザ流行シーズンを迎える前に余裕を持って、具体的には年内にワクチン接種することが望ましいと思います。

授乳中であれば、生ワクチン・不活化ワクチンとも接種可能

授乳中に生ワクチン・不活化ワクチンを接種したとしても、母乳の安全性に影響を与えないとされています。
(注:黄熱病ワクチンでは乳児への影響が報告されていますが、日本で暮らす際には通常考慮する事はありません。)

さいごに:ワクチンを接種する際の大切な考え方

HPVワクチンの章でもご説明しましたが、薬やワクチンを使う時にとても大切な考え方があります。
薬やワクチンには効果と副作用の双方があり、効果が副反応を上回る際に使用することが原則です。
言い換えれば、副作用の全くない薬やワクチンは、この世に存在しないということです。

妊娠・授乳中のインフルエンザワクチン接種は、インフルエンザ感染の予防に有効であり、
インフルエンザ流行時期では有益性が上回ると考えられます。

インターネット上では、たくさんの情報に触れることができますが、
その中には間違った情報も混ざっていることがあります。
正しい情報元から発信されているものを読むようにしていただきたいと思い、
ここに一つ、多くの産婦人科医が信頼を置くサイトをご紹介いたします。

もしよくわからない場合は、気兼ねなく、近くの産婦人科医にご相談くださいね。
妊娠・授乳中の全ての女性が、安心して過ごせますように。

国立成育医療研究センター 妊娠と薬情報センター
https://www.ncchd.go.jp/kusuri/about.html

(参考)ワクチンとは

ワクチンは、感染を予防するために作られたものであり、感染の原因となるウイルスや細菌がもとになっています。
大きく分けて「生ワクチン」「不活化ワクチン」「トキソイド」の3種類があります。

生ワクチン
病原体を弱毒化したものです。弱くはなっていますが、生きています。
生ワクチンを接種した場合、理論上は弱毒化されたワクチンウイルスが胎児に影響を及ぼす可能性があるため、妊娠中は原則禁忌です。
(ただし、これまで生ワクチンを接種した妊婦の胎児に影響がでた報告はなく、妊娠を中断する適応にはなりません。)
生ワクチンには、風疹、麻疹、水痘、BCGなどがあります。

不活化ワクチン
病原体を不活化したもので、生きてはいません。
生ワクチンに比べて免疫が獲得しづらく、何回かの追加接種が必要になることが多いです。
妊娠中は、有益性がある場合に投与が可能です。
不活化ワクチンは沢山種類がありますが、妊娠・授乳中に関係があるものにインフルエンザワクチンがあります。

トキソイド
病原体である細菌が産生する毒素のみを取り出し、毒性を無くして作られます。
破傷風トキソイドなどがあります。

記事を気に入ってくださった方は シェアしていただけたら励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です