連携保育所についてはこちらをご覧ください

デリケートゾーンがかゆい!

この記事では、デリケートゾーンのかゆみの原因と、ただしいお手入れ方法について説明しています。

日本のデリケートゾーンへの理解と 海外との比較

デリケートゾーンは、皮膚が薄く

また体の調子や外的な環境の変化にとても敏感な部分です。

その上、形も複雑なので、汚れが落としにくいという特徴もあります。

 

日本の女性は、国民性もあるかと思いますが

デリケートゾーンの話をすることは

恥ずかしいことだと考えている方も少なくないと思います。

 

また、綺麗好きな方も多いので

ゴシゴシと強く洗ってしまうことでのトラブルもよく耳にします。

 

ヨーロッパやアメリカでは、デリケートゾーンのお手入れはとても一般的で

家庭ではお母さんから子供へ伝えられ

学校でも教育の一環として取り入れられているようです。

また、デリケートゾーンのケア用品も、ごく一般的に市販されています。

 

デリケートゾーンのお悩みでよく相談を受けるのは、かゆみやにおいです。

今回は、特にかゆみの原因についてまずお話しし

その後、日々のデリケートゾーンのお手入れ方法についてお話ししたいと思います。

デリケートゾーンのかゆみの原因

かゆみの原因は大きく分けて2つあります。

一つはかぶれ、もう一つは感染です。

①かぶれ(接触性皮膚炎)

かぶれは、接触性皮膚炎ともいい

デリケートゾーンに触れるものの影響で皮膚が炎症を起こしてしまうことです。

 

ナプキンやタンポンが合っていなかったり

ショーツやタイトなボトムスで摩擦が生じたり

経血や汗によってむれたり

逆に乾燥したりすることが、かぶれの原因となり得ます。

つまり、この状況を避けることが症状の改善につながります。

②感染

かゆみを伴う感染症でとても多いのが、カンジダや一般細菌(雑菌)です。

カンジダ菌

カンジダ菌はカビの一種で

口の中、腸、腟に常に存在していて、感染力は弱いので通常は人体に影響を及ぼしません。

しかし、次のような条件によって、皮膚や粘膜の湿った部分で増殖してしまい

かゆみなどの症状を引き起こします。

腟の自浄作用

腟内には、乳酸菌の仲間が常に存在していて、腟を弱酸性に保ち

雑菌が侵入しないように守ってくれています。

腟内やその周囲が弱酸性でなくなると

腟の自浄作用が低下し、感染しやすくなります。

 

腟の自浄作用が低下すると、普段は感染力の弱いカンジダ菌が異常に増殖し

かゆみなどの症状が出てくるというわけです。

この状態をカンジダ腟炎といい、適切な抗菌薬や塗り薬を使って治療を行います。

一般細菌(雑菌)

これが異常増殖した場合を細菌性腟症といいます。

かゆみを伴うこともありますが

おりものの悪臭や色の変化を感じる方が多いように思います。

この場合も、適切な抗菌薬を使用して治療を行います。

デリケートゾーンのただしいお手入れ方法

デリケートゾーンのトラブルが起きにくくするためには

ご自身のデリケートゾーンをきちんと理解してあげることと、日々のケアが大切です。

ポイントとなるケアのタイミングは、入浴中や入浴後と、トイレの後です。

入浴中、入浴後のケア

ポイントは、①どの部分を、②どんなふうに、③何を使って洗っているかです。

これは女性のデリケートゾーンを簡略化して書いたものです。

形は人それぞれです。

ご自身のデリケートゾーンの特徴を知っておくのは大切なことだと思います。

陰核(クリトリス)の周りや、大陰唇と小陰唇の間が洗いにくく、汚れが溜まりやすいです。

 

汚れがたまりやすい部分を意識して、優しく洗ってあげてください。

ごしごしと強く擦って洗ってしまうと

皮膚や粘膜を傷つけてしまうので注意しましょう。

 

腟の中を指などで過度に洗ってしまうと

乳酸菌が洗い落とされたり、手指についた雑菌が混入することで

弱酸性のバランスが崩れたり、感染の原因となってしまうことがあります。

 

また、体の皮脂を落とすことを目的としたボディーソープは

脂成分に馴染みやすいアルカリ性であることが多く

弱酸性でなくなることで乳酸菌が死んでしまい

自浄作用が低下してしまう可能性があります。

デリケートゾーン専用のもの、弱酸性のものを使用しましょう。

 

まとめると

①汚れの溜まりやすい部分を意識して(腟内以外)

②ゴシゴシと擦らずに優しく

③デリケートゾーン専用(もしくは弱酸性のもの)を使って洗うことが大切です。

トイレでの拭き取り方

デリケートゾーンは、排泄に関係する部分とも近いので

尿や便の拭き取り方にも気をつけましょう。

排尿した後は、ティッシュを押し当てて、付着した尿を吸い取るように意識します。

前後に擦らないようにしましょう。

 

排便後は、肛門を締めた状態で後方向に拭き取ります。

ウォシュレットを使う場合は、肛門の中まで洗おうとせず

肛門をしめながら表面のみを洗浄するようにしましょう。

 

また、ビデも同様に、腟内を洗おうとするのではなく

余分な経血を洗いながすのみにしましょう。

その他に注意するポイント

セックスをするとき

大切なパートナーとのセックスでは、かゆみやにおいはとても気になるものですね。

お互いに清潔な状態で行うようにしましょう。

また、性器を傷つけるような行為は避けましょう。

もしかゆみ等の症状があった場合には、パートナーにも感染の可能性があるので

お互いにチェックすることが大切です。

骨盤底筋群への意識

骨盤底筋群の衰えは、若い方でも起こり得ます。

出産後は、骨盤底筋群が緩んでおり、尿もれの原因にもなります。

尿もれによって、尿とデリケートゾーンが接触する機会や時間が多くなると

かぶれやにおいの原因になります。

日々の骨盤底筋群への意識や

筋肉を保つための食事(タンパク質やミネラルなど)を意識することも良いと思います。

VIO脱毛

最近は一般的になりつつあります。

アンダーヘアがあることで、尿や便、経血などが付着し

かぶれや感染の原因になることが考えられますが

一方で、外部からの摩擦からデリケートゾーンを守ったり

感染から守ったりする働きもあります(矛盾しているようですが、実際その通りなのです)

一概に、全て脱毛してしまえばいい、という訳ではありません。

最後に

デリケートゾーンについては

まだ日本だと一般的な話として聞くことは難しいかもしれませんが

最近は、YouTubeやSNSなどで医師や製薬会社などが発信してくれているので

少しずつ浸透してきていると感じます。

 

ご自身のお顔の肌と同じくらい、もしくはもっと繊細な部分で

日常生活や、パートナーとのスキンシップの時にもとても大切な部分にもなりますね。

お肌の手入れをするのと同様に

デリケートゾーンにもぜひ目を向けていただきたいと思います。

 

そして、かゆみやにおいなどの異常があったら

まずは婦人科の医師に相談してみてください。

原因を確かめた上で、それに合った治療をすることが

症状の素早い改善につながります。

記事を気に入ってくださった方は シェアしていただけたら励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です