連携保育所についてはこちらをご覧ください

熱性けいれん

※この記事では、お子さんの『熱性けいれん』について説明しています。

お子さんを持つ方であれば、一度は耳にしたことのある「熱性けいれん」。
大切な我が子が突然、ガクガクとけいれんし出したら…
動揺して何もできないかもしれない…
とても不安ですよね。

その時のご家族の対応が適切であれば、お子さんは適切な治療を受けて、またいつもどおりの元気な姿を見せてくれるのです。

今回は「熱性けいれん」が起こったときにどうしたらいいか、一緒に勉強していきましょう!

熱性けいれんって何?

けいれんとは、自分の意思に関係なく、筋肉が収縮する発作のことです。

熱性けいれんは、発熱に伴ってけいれんを起こす、子供の良性の病気です。

熱性けいれんが起こりやすいのは、38度以上の発熱があってから24時間以内と言われています。

もし熱性けいれんが起こった時は、ぜひ次のキーワードを思い出してほしいのです。

キーワードは「5分」

熱性けいれんを起こしたお子さんのほとんどは、5分未満で発作が治ります。

この場合は、脳に障害が生じることはまずありません。

5分間をどれだけ落ち着いて対応できるかが大切です。以下は4つのポイントです。

熱性けいれんが起きた時の4つのポイント

①携帯や時計などで、発作が始まった時刻を確認してください

けいれんが何分続いているか判断するために役立ちます。

②お子さんを安全な場所で、横にしてあげてください

もし吐いてしまった時でも、気道にものがつまらないように横向きにしてください。

けいれん中に、舌を噛み切って死に至ることはありません。口の中には絶対に何も入れないでください。

③誰かそばにいてくれる人を呼んでください

一人ではパニックになってしまう状況でも、二人なら気持ちの負担が違うと思います。

もしどちらかが、少しだけ気持ちに余裕があるのなら、けいれんの様子を動画で撮影しましょう。医師に伝えるときにとても役に立ちます。

④発作が終わった後も、呼吸状態や嘔吐に注意してください

けいれんが治っても、呼吸が弱かったり、吐物で窒息してしまう可能性があります。注意深くお子さんを観察しましょう。

救急受診のタイミング

けいれんが5分以上続く場合は、救急受診をしましょう。

また、けいれんが治ったとしても、初めてのけいれんや、嘔吐などの症状がある場合は救急受診しましょう。

この場合、必ずしも救急車を呼ばなければいけないわけではありません。救急車を呼んでから来るまでの時間、受診病院を探す時間を考えると、ご自身で向かわれた方が良い場合があります。

ただし、けいれんが止まっても意識が戻らなかったり、顔色が悪く呼吸が弱いなどの場合は、けいれんが5分未満であっても救急車を呼びましょう

お子様の病状で心配がある場合には、#8000を利用してみてくださいね。子供のプロフェッショナルたちが、電話で相談にのってくれますよ。

記事を気に入ってくださった方は シェアしていただけたら励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です