連携保育所についてはこちらをご覧ください

妊娠中は虫歯になりやすい?!

※この記事では『妊娠中の虫歯』が起こりやすい理由、虫歯になることでの赤ちゃんへの影響をお話ししています。

私の務める保育園は、歯科医師が運営する保育園なのでお子さんの予防歯科に力を入れています。
今回は、歯医者さんと産婦人科医である私がタッグを組んでお届けします。

妊娠中は、虫歯や歯周病になりやすい時期です。
つわりで歯磨きが困難になったり、間食が増えたり、妊娠中に増加する女性ホルモンが大きく影響しています。

虫歯と歯周病は、原因菌や病気になる部分が違います。
これらの違いと、妊娠中にケアした方が良い理由についてお話しします。

妊娠中の虫歯

虫歯は『ミュータンス菌』が原因で、これが出す酸によって歯が溶かされてしまいます。

生まれたばかりのお子さんは、ミュータンス菌を持っていません。
お母さんや周りの大人のスキンシップや食事介助などで感染します。

特にお母さんからの感染が多いと言われていますので
(一番一緒にいる人から感染しやすいのは当然です)
お子さんが将来虫歯にならないように、妊娠中から虫歯治療を行うことが大切です。

妊娠中の歯周病

歯周病は『歯周病菌』が原因です。
歯周病菌は、妊娠中に増加するエストロゲンというホルモンにより発育が促進されます。

歯周病菌や、これが出す炎症物質は、歯茎にある血管から体内に侵入し、子宮に到達して、子宮収縮などを引き起こします。
すると、切迫流早産のリスクが上がる可能性があります。

歯周病の妊婦さんは、歯周病ではない妊婦さんと比べ早産率が約7倍になると報告されているんです!

妊娠中の口腔ケアは大切

こうした理由から、妊娠中には虫歯や歯周病になりやすく、妊娠中にケアを行うことが大切だと言えるのです。

もちろん、お母さんだけでなく、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんも、
大切なお子さんやお孫さんの将来の歯を守るために、お口の状態をチェックしてくださいね。

記事を気に入ってくださった方は シェアしていただけたら励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です