連携保育所についてはこちらをご覧ください

生理が3ヶ月以上来ていないけど大丈夫?

※この記事では、以前生理はあったけれど、3ヶ月以上生理(以下、月経)が来ていない「続発性無月経」についてお話しています。

もともと月経不順で、最近は次の月経までに3ヶ月以上あくことがあるから心配。。
そんな風に感じていらっしゃる女性も少なくないと思います。
面倒な月経がなくてラッキー!と思う女性も実際いらっしゃるのですが、これは放っておいてもいい状態なのでしょうか。

続発性無月経

以前に月経があり、次の月経までに3ヶ月以上間隔があいてしまうことを「続発性無月経」といいます。(18歳になっても月経がこないことを「原発性無月経」といいます。)

 続発性無月経は、卵巣から排卵がされていない「無排卵」の方に多く、月経を起こさせるためのホルモンが、卵巣からバランスよく出されていない可能性があります。
無排卵の状態になりやすいのは、太りすぎ、痩せすぎ、強い心身のストレスをうけている方だといわれています。
月経不順を放置していて無月経になってしまうこともあります。

無月経の状態は放っておいても大丈夫?

無月経は、治療が遅れるほど正常な状態に戻りにくくなったり、妊娠しづらくなることがあります。
また、子宮内膜が剥がれずに子宮内にとどまることで、内膜の細胞に異常が生じ、子宮体がんなどのリスクが上昇します。
卵巣から出されるホルモンの中には骨を強くするものもあるので、骨粗しょう症のリスクになることもあります。
これらの理由から、無月経は治療した方がいいんですね。

生理的無月経

妊娠中や授乳中に月経がなくなったり、閉経を迎えて月経がなくなることを生理的無月経といいます。これは特に異常ではありませんね。

産後の方の約8割は、8ヶ月後までには月経が再開すると言われていますが
授乳を続けていると1年月経がないこともあると思います。
授乳をやめても月経がこなかったり、産後1年経っても月経がこない場合は産婦人科の先生に相談してみましょう。

更年期に入って月経不順が起こり、閉経に至りますが、更年期〜閉経の時期から、女性は子宮体がんのリスクが上昇してきます。
月経不順だと思っていたら、子宮体がんによる不正出血だった、、という方も、外来では少なくありません。
また、閉経とは最後の月経から1年出血がないことをいいますが、閉経後に出血があった場合は、不正出血の可能性が高いので、必ず産婦人科を受診しましょう。

さいごに

月経は、確かに女性にとって面倒な症状が多いのですが、きちんとした月経があることは、心身ともに整った女性である証拠です。

少しでもご自身の月経の状態に気になることがあれば、ぜひ産婦人科を受診してみてくださいね。

記事を気に入ってくださった方は シェアしていただけたら励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です