連携保育所についてはこちらをご覧ください

2021.2.13 代々木NARUライブ バックステージレポート

【2021.2.13 代々木NARU】

Pf. 緑川愛

Gt. 曽根一馬

Vo. おいたえりこ

温かいお客様に囲まれて、無事終了しました。

 

今回も感染対策を万全に行い

開場の18時から、終演の20時まで

濃密な時間を過ごすことができました😊✨

 

 

今回のセットリストには、私にとって多くの意味があるものでした。

 

 

物語の本が開かれるようなイメージで

ディズニーのピノキオからWhen You Wish Up On A Starを。

希望溢れる優しい曲です。

 

次に、私の尊敬するニーナ・シモンが歌う曲の中から

My Baby Just Cares For MeWild Is The Windを。

緑川さんの黒いリズムが私の心を熱くしました。

 

Wild Is The Windは、嵐のような愛を。

静かだけれど激しい愛情を、今回はどうしても歌いたかった。

 

緑川さんの情熱的なピアノと曽根さんのギターの音色に酔いながら

ニーナ・シモンの低く響く土色のような声を思い歌いました。

そして、Love DanceFeel Like Making Love

気持ちが通じあったうえで、さらに強くお互いを求め合いたい。

そんな艶やかな2曲。

Love Danceはいろんな方がカバーされていますが、私はこれが好き。

緑川さんと曽根さんの温かさゆえ、何かにチャレンジしたいと思い

Feel Like Making Loveでは

思い浮かんだリフを私が口ずさみイントロとして

それに乗っかってもらうように演奏してもらいました。

 

ナルでのライブは特別に緊張するので

その中でチャレンジができたのは、私にとって大きな意味がありました。

 

 

 

セカンドセットは、I Wish You Loveから。

失恋の曲ですが、それ以上に、私は愛溢れるこの曲が大好きです。

 

Nature Boy

当日ライブに来てくださった音楽仲間、林実里さんが

以前にリクエストしてくださったものです。

歌詞が素晴らしく、和訳した歌詞の朗読から始めました。

このアイデアは、私の尊敬する音楽仲間の、新城温古さんのプレイスタイル。

これも、今回のチャレンジの一つです。

 

次に、ミシェル・ルグランの2曲を。

映画華麗なる賭けから、The Windmills Of Your Mind

とりとめなく螺旋を描きながら深みへ落ちていくような美しいメロディと歌詞。

 

そして、You Must Believe In Spring

これは今回、どうしても歌いたかった。

1ヶ月以上かけて準備しましたが、まだ自分のものにしきれませんでした。

でも、今の時期に、今の時代に必要な曲だと思いました。

これからも大切に歌い続けていきたいです。

 

最後に、What A Difference A Day Madeを。

邦題は縁は異なものと訳されていて

私は、落語から来たこの邦題がとても好きです。

 

その出会いが、私の人生をガラリと変えてしまう。

 

 

今回演奏した曲は全て、私自身の心が動かされた素晴らしい曲ばかりです。

その背景には、これまでの出会いや経験などが影響していることは間違いなく

 

いらしてくださったお客様や、私を育ててくださった代々木ナルへの

感謝の気持ちを込めて演奏しました。

 

 

本当はアンコールで

Love Me Tenderのメロディに、私が日本語歌詞をつけた愛しき人よを歌う予定でした。

 

しかし、ライブ直前にチック・コリアの訃報を聞き、急遽Spainと差し替えました。

残念ながら、時間の関係でSpainは歌うことができませんでしたが

それでも、今回のライブは私の思いをたくさん表現できたと感じています。

 

最高のメンバーでした。

そして最後に。

 

今回、私は初めてパンツスタイルでライブに臨みましたが

これは、昨年11月のオーディションのとき出演者の方に

あなたはパンツスタイルが似合うわ、やってみたらいい!

と言っていただけたことから始まりました。

 

 

関西からいらしたハンサムな女性で、アウェイなはずの東京でも

オーディションの後、原宿の店にセッションに行くの!

とパワフルにお話する姿に感動したのを覚えています。

 

これもまた、縁なんですね。

 

 

たくさんの想いとチャレンジが詰まった2時間でした。

そうして作りあげた時間を、来てくださったお客様が楽しんでいただけたなら

私にとって、こんなに幸せなことはありません😊

 

また次回の代々木NARUライブに向けて

ゆっくり、じっくりと準備をしていきたいと思います!

記事を気に入ってくださった方は シェアしていただけたら励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です